年収が低くても借りたい

年収が低くても借りたい

カードローンには審査があり、落ちてしまえば契約はできません。審査ではその人がきちんと返済できそうかどうかを調べます。収入が少なければ、返済に回せるお金が少ないと判断されるので、年収が少ないと審査に落ちてしまうのではと心配する人は多いです。

 

しかし、審査で調べられるのはその人の収入だけではありません。家族構成や固定電話の有無、雇用形態など、様々な項目から総合的に判断されます。年収が低いからといってあきらめる必要はありません。

 

カードローンを契約するにあたり、年収の足切り条件はありません。一部年収の条件付きのカードローンはありますが、ほとんどは年収が低いから申込みを断るわけではありません。ただし、年収が低い場合には、それなりの対策を知っておく必要があります。

 

審査ではその人の返済能力を調べるのですが、最も大切なのは、申込む金額が生活に見合ったものなのかどうかです。年収90万円の主婦が200万円のカードローンを組みたいと言われれば、カードローン会社としては返済能力に問題ありと言わざるを得ないでしょう。属性以上に、申込みできる金額は大切です。

 

年収が少ない場合には、申込みの限度額も少なめに申込むのがポイントです。また、年収の制限を設けていないカードローンを選ぶのも重要です。

 

最大で大きな限度額が借りられるオリックス銀行の借り換えにも使えるローンであっても、収入が多くない方は限度額は控えめにしてください。